【わんぱく2020年2月】

<太鼓の達人>

 

 冬は寒くてお外も難しいときには、たまにはゲームも。この日は太鼓の達人が予定に入っていると「やったぁ!早く宿題終わらせよう」といつもの半分の時間で宿題を済ませていました笑。先輩は「名人なんやって!」と腕を披露してくれていまよ!プロ並みです!!画面の前に立ちドンちゃんを眺めとの死んでいましたよ。

<紙コップ鬼>

 

 節分創作をしました。紙コップを半分に切って顔を描き、体にはおパンツをはいています!出来上がりはパクパク人形に。「ほらほら~」と嬉しそうに見せてくれるお友達です!全員が並ぶとカラフルでとっても可愛いですよね。作った鬼でお人形ごっこをしているお友達も。お母さん役、お父さん役とごっこ遊びを楽しむ姿もとっても可愛かったですよ!

<節分マフィン作り>

 

 2月3日は節分の日!わんぱくではマフィンを手作りし、外側には鬼の創作をしてみました!鬼という響きだけでちょっとしたワクワク感が出てきますよね。いつもながらにやる気に満ちていたお友達です。焼いている間に創作を行ったのですが、みんながにっこり表情のお顔に。現代の鬼はこわーい鬼ではなく優しい鬼(願望笑!?)なのかもしれませんね。

<こえだちゃんのおもちゃ>

 

 新しいおもちゃ、こえだちゃんの‘木のおうち’が入りました!お人形も可愛く女の子は釘付け。コンロや掃除機などもたくさんあり大人も魅力的です。先に遊んでいるお友達がいてなかなか入られなかったAちゃん。少し職員も介入させてもらうとちょっとずつ近づいていました。お友達同士で遊ぶ姿にほっこりしました!


理事長からのメッセージ

皆様からのご質問

福井市社会福祉法人 げんきの家に対する不安やご質問など、お気軽にご相談ください。

皆様から多くご質問されるのが


■食事について

■トイレについて

■作業や活動について  


おもにこの3点です。


・お食事はご自身で食べることが基本ですが、支援の必要な方にはスタッフがお手伝いいたします。


・トイレについてはすべて身体障害者対応洋式トイレとなっていて、支援の必要な方にはスタッフがお手伝いします。


・作業や活動については、就労移行支援事業と就労継続B型事業は作業中心の日課になります。生活介護事業は作業も行いますが、創作や外出などを個別やグループで行います。

また、週2回体作りのためストレッチなどのリハビリにも取り組んでいます。

 

   「活動の様子」

利用者の方々の毎日の活動やお知らせを掲載していきます!

   年間行事予定

 4月

  ・入所式&竣工式

 

 7月

  ・たなばたバザー

 

 8月

  ・夏祭り

 

 9月

  ・一泊旅行

 

10月

  ・ウォーキング大会

  ・地域感謝祭

 

12月

  ・クリスマス会

 

 1月

  ・成人を祝う会

 

 2月

  ・職員実践発表会